はなまるの本音 Staff Thoughts

はなまるの本音 イメージ

はなまるを選んだきっかけ

嶋田 紗季
(以下、嶋田)
「就活生に向けたはなまる先輩後輩対談」ということなので、 まずは濱田さんがはなまるで働こうと思ったきっかけを教えていただけますか?
濱田 剛典
(以下、濱田)
英語を活かせる仕事がしたかったというのが大きいな。
そこで自分が好きなものを考えた時に“車”というのが1番に出てきて、この2つを使った仕事を探している時にはなまるに出会ったんだ。
嶋田
車が好きって理由、私も一緒です!
好きなものと関わりながら働けるって素敵なことですよね!
それに、はなまるは海外との取引もたくさん行っていますし、たしかにその条件だとピッタリの職場かもしれませんね。

フレンドリーとフレキシブル

濱田
そうそう。それに加えて社風の話をすると、はなまるにはあたたかい人が多いと思うんだ。
社員同士が仲良くて面倒見の良いところや、状況に応じてフレキシブルに対応する、良いものは何で取り入れて行こうという社風だから日々、楽しんで仕事ができているかな。
そういった意味でもここで働けてよかったなあと思っているよ。
嶋田
たしかに。雇用形態に関わらず意見やアドバイスを出し合ったり、仕事終わりに飲みに行ったりできるところ、私も好きです。
それに自分の時間も作れるので、心地いいなあって思います。…って私たち、会社について褒めすぎですね(笑)
では逆に、濱田さんがはなまるで働いていて一番辛かったこと、聞かせてください。

はなまるの本音 イメージ

働く上での辛さ

濱田
今まで営業の仕事をしたことがなかったこともあって、初めの頃の辛い思い出が印象的だな。
入社して1ヶ月くらいは覚えることだらけで、車の知識も足りずにお客さんや会社に迷惑をかけたり、なかなか数字が伸びずに会議で良い結果を発表できない自分に歯痒く思ったり。
主任となった今でもマネージメントをするにあたって上手くいかないことが多々あるし、働く上で辛いことは付き物だと思っているよ。
嶋田
働く上で辛いことは付き物ですか、わかる気がします。
私も業務内容をなかなか理解できずに自分の中で葛藤する時期がありました。
そのたびに先輩方からアドバイスや労いの言葉に救われてきました。
ちなみに、そういった場面における濱田さんなりの乗り越え方とかありますか?
濱田
乗り越え方というほど大それたものではないけれど、普段から心掛けていることならあるよ。
中途半端にではなく本気で、自分のしたい事、しないといけない事をしっかりと整理することで、明確に目標を持って日々忘れない様に行動しているかな。
困ったとき、ふと立ち返る場所、自分の方向を持っておくことが乗り越える力になるからね。
嶋田さんには働く上で大事にしていること、ある?

個人プレー < チームワーク

嶋田
「礼儀を守ること」ですかね。事務職は個人プレーだと思い込んでいたのですが、チームワークも大切であることをはなまるに入って気づきました。
ですので、お客様には勿論なのですが、社内の人間にも、言葉遣いや相手の立場に立った対応を心掛けていますね。
濱田
とても良いことだと思うよ。じゃあそれをもとに、はなまるで働く上で必要とされる、 あったらいいなというスキルってなんだと思う?
嶋田
個人的には、「気づき」「スピード」「元気」の3つですね。
先程の内容と少し重複してしまうかもしれませんが、今自分に何を求められているのかと考えること、考えて思いついたらすぐに行動に移すこと、そして何よりそれを元気に行うこと。皆さんがそれを行っているから、今の社風になっているのかもしれませんね。
濱田
ふふ、たしかにそうかも。相手を想う気持ちと、元気。単純なことがとても大事だったり するからね。では、最後に就活生に向けた一言お願いできるかな?

はなまるの本音 イメージ

就活生に向けたメッセージ

嶋田
就職活動は大変ですが、自分の中で何を軸にするのかということをしっかり持ち続ければきっと乗り切れると思います。
自分ができること、大事にしたいことをみつけて、出来たらはなまるで一緒に働けたら素敵だなと思います!頑張ってください!
では、濱田さんも!
濱田
仕事というのはもちろん簡単なものではありません。しかし、その中でやりがいをみつけ、前向きに取り組むことが大切です。たとえそれが苦しいことでも、自分の成長や社会貢献に繋がるなら頑張ろうって思えますから。はなまるは、それが実現できる環境だと思います。
みなさんと実際にお会いできる日を楽しみにしていますね。